ダイキンは空調メーカーの大手、機能的にも素晴らしいです。能力も高く加湿機能などもあり、 お部屋の空調を頑張ってくれるぶん内部もしっかり汚れてしまいます。


これはダイキンのお掃除ロボの裏側です。びっしりカビが見えます。
お掃除してくれる部品だって、このように汚れてしまいます。

ロボのうら

ダイキンはドレンパンが独立してないのでファンはこのように引っこ抜く感じ。
なのでダイキンはできれば徹底分解でしたいところ。通常分解の場合は工夫しながら洗います。

ファン抜く
左から

お掃除ロボもバラバラにして、ファンも外でざぶざぶ洗います。

ロボばらばら
ファンざぶざぶ

左側から覗いた洗浄後の内部と洗浄後のクロスフローファン。

左から
アフターざぶざぶ